中年親父のつぶやき、愚痴話

アクセスカウンタ

zoom RSS L東海道歩き・掛川宿〜天竜川

<<   作成日時 : 2017/05/27 20:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年(平成29年)5月22日月曜日
晴れ富士山は雲に覆われて見えませんでした。
掛川駅am5:03出発・・・
山内一豊 掛川城下町、人車いません。静かです・・・
画像

掛川の町並みは、白壁と黒瓦の建物」が多く清水銀行も
重厚感、インパクトがある。
画像

壁面に「山内一豊とその妻」の浮彫刻がはめ込まれている。
画像

画像

道なりに歩いていると「十九首塚」への案内標識が見える。
標識に従って右に入ると、住宅街のさらに
奥まった一角に首塚があった。

平将門伝説が残る十九首塚は
朝廷に逆らい日本中を自分の物にしようと企てたが
それを阻止しようと朝廷が将門討伐群を結成
画像

将門軍は天慶3年(940)に滅ぼされた後
ここに将門一門、十九の首を埋葬し、
丁寧に供養したという。
画像

平将門の首塚と言えば確か大手町にも
ありましたが・・・
丸ビル等のオフィスビルがそびえる大手町の一角に
おぞましい祟りで建築に携わった人、現職の課長を筆頭に
十数名の職員が不審な死を遂げ、
「首塚を荒らしたからだ。」と言われている

掛川にもあるんだぁ〜〜
ここの首塚は、おぞましい事は無いのかな?

旧東海道に戻り旅を再開次の袋井宿へと向かう
のどかな田舎道となり、ノ〜ンビリと歩く
画像

大地橋を渡りやがて江戸から59番目の一里塚大地一里塚がある。
画像

画像

ところどころに残る松並木は心地よい歩きだ・・・
画像

かなり目立つ赤い鳥居は富士浅間宮、これが袋井の町の
入口の目印です。
画像

袋井に入ると、「東海道ど真ん中東小学校」の看板が!
そうか! 私達もやっと東海道の半分を歩いたんだ!
道を間違えたり、重要な名跡旧跡を見逃したりして
その度、私のせいにしてしまう妻・・・
喧嘩をしながらよく耐えて頑張ったもだな〜〜!
えらい  えらい  自分で自分を褒めた 
画像

小学校敷地内に江戸から60番目の一里塚「久津部一里塚」
画像

画像

はしゃいで記念写真を撮ったが、どうも小学校が本当の
東海道ど真ん中ではなさそうだ!
袋井宿は商店の看板には、ほとんどが
東海道ど真ん中〇〇〇店となっている。

市役所の近くの天橋の脇に、
無料休憩所の「東海道ど真ん中茶屋」がありました。
画像

そして、弥次さん喜多さんの顏ハメ看板が・・・
やっぱり撮りました!どうしても顏を突っ込みたくなります!(笑)
画像

茶屋を出てから案内版に従って、
袋井宿の本陣跡、高札場、問屋場跡などを
見物しながら歩きます。
画像

画像

画像

画像

江戸から61番目の一里塚「木原一里塚」
画像

太田川を渡ると、それまで平坦であった
旧東海道はアップダウンの道となる
江戸の古道、明治の古道・大正の古道と石の道標がある
画像

画像

画像

しばらく歩くと遠州鈴ケ森処刑場の跡の看板を見つけて、
直角に近い急な石段をコケないように
手すりにつかまりながら慎重に登ります。
画像

東京品川の東海道沿いにまったく同じ名前の
鈴ヶ森処刑場があったな〜〜

遠州鈴ケ森から暫く歩くと急坂を下り
県道と交わる、その県道には案内板があり
阿多古山一里塚を見逃していることに気が付き
また急坂に戻り探すがどうしても見つからない?
画像

おかしい?おかしい?
地図から見たら絶対この辺りなのだが・・・

地元の人に尋ねると詳しく教えて頂いたうえに
一里塚跡まで案内してくれました。
画像

私有宅の前を通り、草木がぼうぼうでほとんど人が
訪れた形跡がなかった。
画像

画像

ついにあった〜
一つの一里塚でこんなにも感動するとは・・・
地元の人の親切がなければ絶対に見つからなかったと思う。
ほんとうにありがとうございました。
画像


街道沿いには、問屋場跡などの丁寧でわかり易い
案内板が続きます。
画像

画像

東海道は、見付宿の町中の街道を行くと
「姫街道」の道標がある。
関所の「女改め」が厳しかったので、
姫様たちがここを避け、峠のある池田街道(姫街道)を
通る様になったそうです。
画像

東海道関所も 有吉佐和子著 「和宮様御留」に
出てくるような女改め婆がいたのかな・・・?
度のつよい眼鏡で股間をじ〜っと覗いたのかな〜〜
女か男かと・・・

磐田の市街地を抜けると、旧東海道は、
天竜川橋に出ます。
車も多くスピードも出てる、それに歩道が無い!
ここを通るの? 怖っ!こわっ!
画像

見渡すと右隣に新天竜橋が見えるが・・・
大型トラックなどの往来が激しく、
向こう橋に渡るのも大難儀である

幅の広い長さの長〜い歩道がありました。
景色を見ながら渡り切るのに15分以上かかりました。
画像

画像

ここから横町通り、軽便鉄道軌道跡、立場跡を見て
その後、天竜駅まで歩きは疲れた私たちには
非常〜〜に長く感じました!!
画像

画像

画像

無事、JR天竜駅に到着
画像


           スタート 05:03 〜 ゴール 16:24

              活動時間 11時間21分

              活動距離 31.11km









テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
L東海道歩き・掛川宿〜天竜川 中年親父のつぶやき、愚痴話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる