中年親父のつぶやき、愚痴話

アクセスカウンタ

zoom RSS 中山道歩き・太田宿〜加納宿まで26回目

<<   作成日時 : 2016/09/29 17:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2016年9月26日(月) AM 6:00 曇り時々晴れ
美濃大田駅出発

太田宿は左右に昔風の重厚な建築物が残り写真の
好きな人達には最高の撮影スポットである
画像

画像

画像

太田宿をでると中山道はやがて木曽川が見えてくる
土手を上がって「ロマンチック街道」と呼ばれる
木曽川沿いの遊歩道を歩く。
欄干にはいくつもの俳句が書かれている
画像

雄大な木曽川に靄がかかり神秘的であった
そして川の奇岩が楽しめる。
画像

画像

画像

遊歩道に日本ライン下りに使用されていただろう船が
ポツンと置かれている。
これは展示しているのだろうか?
捨ててあるのだろうか?
朽ち果てかけていて寂しい感じする。
画像

ロマンチック街道は彼岸花がポツンポツンと咲いており
また名前も分からないキノコが「俺はここに生えてるぞ〜
と主張してる・・・
画像

ゴルフ好きなら思わず!打ってみたい
まんまるいキノコでした。
画像

木曽川沿いの遊歩道も終わり国道へ・・・
少し歩くと脇道の上り山道に入る。

この高台から見る木曽川はゆるやかな流れと違い
荒れ狂う川が見られる
画像

そして最も狭隘な辺の崖上に岩屋観音がある。
金網が無ければ足がすくむぐらい断崖絶壁でした。
画像

画像

岩屋観音から階段を下って再び国道に出る。
しばらく行くと廃墟と化したドライブインやレストランがあり
その横に中山道の道標があり、そこを下りると小さな
トンネルがある。
画像

画像

画像

画像

何〜んとなく不気味な感じで
寒気するトンネルでした。
(私の顔のほうが薄気味悪かった)  笑

トンネルを抜けて、彼岸花の咲いている
急な坂道を上ると、正面に「うとう峠」の矢印がありました。
画像

画像

坂を上りきると石畳みがあらわれる
画像

途中、うとう峠一里塚がある。
江戸からちょうど百番目の一里塚で
日本橋を出たから約400キロを歩いたことになる。
画像

一里塚からは下り坂で、すぐのところに
日本ラインうぬまの森」の大きな碑がある
画像

そこから10分ほど行くと「赤坂の石塔群
がおかれていて、さらに10分程さきには
地蔵堂」がある。
画像

画像

鵜沼宿は明治24年の濃尾地震で
大きな被害を受けたため古民家は少ないが
それでも街道沿いにまだ数棟が残っている。

鵜沼宿の中心部では江戸時代風に造作された
大安寺橋が迎えてくれる。
画像

犬山城の案内版はあったが
旧街道から3キロと表示だったので
時間的に無理なのでパス・・・ 残念 
画像

犬山城見学したかったな〜〜と思いながら
歩いていると、アニメの世界から抜け出してきたような
猫バスが・・・
写真を撮ろうとしたら運転手さんが
スピードを落とし協力してくれました。
画像

大安寺橋を渡ると「篝火」の菊川酒蔵がある。
宿場の町並みに凛とした酒蔵・・・
やっぱり宿場町には似合う。
どこの宿場でも酒蔵は映える建物だ。
画像

そのすぐ先が「脇本陣・坂井家」である。
脇本陣の処に「芭蕉句碑」三つ並んでいて、
説明版が添えられている。
画像

画像

左から
     汲溜の水

         泡たつや

             蝉の声


    おくられつ

        送りつ果ハ

           木曾の秋


      ふく志るも

          喰へは喰せよ

               きく之酒

石柱に書かれている句は解りやすく訳すと

      ふぐ汁も

         くらえばくわせよ

                 菊の酒

だそうです・・・

その後は特別見るべきものも無く国道を
延々と歩くことに・・・
これぞ!酷道歩きです (*_*;
画像

画像

ダラダラ歩いて時計を見れば PM 12;00
本日は中津川のすや本舗
季節限定品の栗きんとんを
買う予定なので本日の中山道歩きはこれで終了。
無事JR高山線・蘇原駅に到着
画像

画像

これから美濃大田駅へ・・・
それから車で約60キロ先の中津川、すや本舗へ
画像

画像
画像

そして中央道で一路我が家へ・・・

歩いた距離約17キロ強

車で往復走った距離約765キロ

いや〜ホント疲れました (*_*;
夜中の12時出発の日帰り行程は
きついけど充実感の
ある旅でした  (^^♪


                        おわり  


















テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中山道歩き・太田宿〜加納宿まで26回目 中年親父のつぶやき、愚痴話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる