中年親父のつぶやき、愚痴話

アクセスカウンタ

zoom RSS C東海道歩き、戸塚宿〜平塚宿まで

<<   作成日時 : 2015/02/28 17:53   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

23日、 朝5時起床、窓を見ると外は雨が降っているので
早々に東海道歩き旅は中止を決め床にはいる。

9時頃、目が覚め空を見たら快晴ではないか 
家に居てもゴロゴロするだけで何〜んもヤル事がない!
暇である!まったくの暇、ひま、暇だ!!!

妻に「どうする?」

「天気がいいから行こうよ」と言うので決定

池袋から湘南ラインで戸塚へ11時半頃到着
駅構内に宝クジ売り場があったので運試しに
グリーンジャンボを買い求める。
売り場のお姉さんに「現金3億円ください!」と言ったら
「はい!3億円です」と宝クジを手渡してくれた (笑)
切り返しの早いウイットに長けてる売り場のお姉さんでした。
画像

駅を出てすぐ、大きな岩石に達筆で戸塚と書かれた石碑があり
何代目の横浜市長か知らないが細郷道一の書とかいてある
本日はここから出発
画像

旧街道を進むと大きな鳥居が目に付いた。
冨塚八幡宮だ。
近くに芭蕉の句碑もあった

     鎌倉を生きて

           出けん

               初松魚(はつがつお)

初鰹は、相模湾で捕獲されたものが
鎌倉海岸から江戸へ運ばれたという
画像

江戸っ子の初鰹にかける想いは格別のものがある。
落語、その他でお馴染みの諺に 

  初鰹は女房を
          質に入れても
                  食え

又こんな句がある

       まな板に

          小判一枚

                初がつお

それにしても江戸っ子達は何故こんなにも初鰹を
珍重、重宝したのだろうか?

芭蕉の句を詠んで初めて初松魚を
はつがつおと読むのを知った。

旧街道歩き旅は色々な知らない事がたくさんあり
60過ぎても、それを吸収するのがとても楽しい。
単に無知なだけかもしれないが・・・ (笑)

さらに進むと上方見付の跡があった。
小さい松の木が植えられている
まだ小さいがこの松も広重の浮世絵が描かれている
銅板のように100年、200年と育って欲しい。
画像

画像

大坂はかつては二つの坂、一番坂登り、二番坂登り
から成りたっていたようで
画像

その急坂の途中右手に
旧街道を見下ろすように庚申塔などの
古碑群が残されている
画像

大坂は長大な坂で、
「佐野の馬 戸塚の坂で 二度ころび」
と川柳に詠まれているところだ。

佐野の馬とは、謡曲「鉢の木」の主人公、佐野源左衛門が飼っていた
その馬のことである。

いざ鎌倉と駆けつけるが、貧乏でロクに餌をやれず
栄養失調の馬が、この長い坂で
息切れしてしまった所とあるが・・・

これでは「いざ鎌倉!」と馳せ参じる事は
出来なかったのでは?
行けたとしても、もうすでに大群衆、その中から
どうして北条時頼の目に留まったのだろうか?

「鉢の木」は忠義、恩義の日本的な良い話だが
性格がひねくれている所為かつい!こんな事を
考えてしまった。 

大坂を登り切って、旧東海道は現在の
東海道(国道1号線)と合流。道沿いに
松並木が残っている。
画像

車の通りが多いが排気ガスにも負けず中央分離帯の
松、その他の樹木が色濃く緑を生している
やはり東海道には松が一番似合う。
画像

今度は下り坂だ。原宿一里塚跡が見えてきた。
少し小高い所に松等、木が何本か植わっていただけで
痕跡は見当たらない。
画像

あるのは原宿一里塚跡の木柱と風化して
読み取れない案内版
画像

引地川を越えて進むと小さい一枚岩に2体の
女性が描かれている変わったお地蔵様があった。
唇に真っ赤な口紅、顔はまっ白い白粉に塗られている???

説明書きには、おしゃれ地蔵と記されてあった。
「女性の願い事なら、何でもかなえて下さり、満願のあかつきには、
おしろいを塗ってお礼をする。」と書かれていた。
画像

顔が真っ白という事は願いが叶った証拠だ!!
御利益がある事、間違いなし!!

私は「妻に何か願い事しなよ!」
妻は「いまさら綺麗になってもな〜歳も歳だしな〜・・・」 
だって・・・ 
ダメだこりゃ〜完全にあきらめている 
少しは努力しろよ!!  

茅ヶ崎に入り街道に松林多く見かけるようになる
東海道らしいと言えば東海道らしいが・・・
浮世絵で見るような大きい松があまり無い。
画像

ありました!!大きな松が・・・
でも残念、それは東海道を200年以上見守った黒松だったが
平成21年に腐朽のため伐採した切り株でした。
画像

画像

鳥井戸橋を渡る。
かなり目立つ鶴嶺八幡宮の赤い鳥居が見える
鳥居先を見ると鶴嶺八幡宮は、かなり先にある
約1キロメートルほどあるだろうか?
画像

画像

かなり薄暗くなってきた、急がねば・・・
平塚市の看板が見えてきた。
大きな橋は相模川に架かる馬入橋だ。
画像

橋を渡りきる頃には陽が落ち暗くなった
馬入一里塚跡を写真を撮ったが暗い所為か
なかなか思うように撮れなかった。
画像

画像

画像

無事、平塚駅18時35分到着
画像

          本日の東海道歩き旅は
                  
                      これで終了

                           歩いた距離 

                                 約21キロ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ご苦労様でした。
平塚まで行きましたか!
小生、平塚に4年間通っていました(平塚の山側ですけど)
羊羹美味しかった!
ありがとうございます
たに
2015/03/03 18:02
観察力が豊かで、読みやすい旅行記でした。踏破した距離が21kmとはお見事おそれいりました。
階上の老人
2015/04/23 18:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
C東海道歩き、戸塚宿〜平塚宿まで 中年親父のつぶやき、愚痴話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる