中年親父のつぶやき、愚痴話

アクセスカウンタ

zoom RSS 人形町玉ひでに行きました。

<<   作成日時 : 2015/01/27 16:07   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

人形町の玉ひでに10時半頃到着。
まだちょっと早いかな〜と思ったがもうすでに20数人並んでいる。
さすが!創業250年の老舗
画像

水天宮を御参りしてからと思ったが・・・
よかった!直接来て大正解でした。
私達の後にあっと言う間に20人位行列が出来た。

下足番のおばさんが数人玄関に案内しその後、戸をピシャリ閉めて
また数人案内する、の繰り返しでした。

ちょうど私達の前で戸をピシャリと閉められてしまった 
戸の閉め方が・・・ 何〜か感じが悪い!!
思わず!他のお客さんと苦笑い。

店内に入り下足番の方に靴を預けて先にレジカウンターで
料理の注文と代金を先払いして列に戻ります。
画像

画像

下足番の対応で気分を害してましたが
案内されたお座敷は老舗の風格があり、
落ち着いて食事が出来る雰囲気があった。
隣の席は外人のカップルでさかんに人形町界隈の
ガイドブックを見ていました。

ランチ限定のメニューは4種類で、お安くはなっていますが
かなり高価です。
それでも長蛇の列が出来ると言う事は
かなり期待がもてる。

ランチメニュー
そぼろ親子丼 (1300円)
元祖親子丼 (1500円)
極上レバ親子丼 (2000円)
極親子丼 (2200円)

先にお茶と軍鶏スープが配膳されました。
透明なスープは軍鶏の程よい出汁に小口切りの
細葱がパラパラ乗せてあり美味しいです。
寒い季節に外に並んで冷え切った身体がポカポカ温まる。
画像

それから暫くして金色に光る立派な器の丼が登場
画像

画像

画像

親子丼は、胸肉ともも肉の2種類が入った豪華なもの。
卵閉じは固まっておらずゆるく、だしで割って温めたかのような
ふんわりした仕上がりで、味はちょっと濃いかな・・・
見た目は色は薄いですが・・・(個人の感想)
それでも美味い!さすがと思わせる味でした。

お腹イッパイになり少し歩こうと甘酒横丁を散策
この横丁は人形町通りから明治座方面にほぼ東西に250m余り
甘酒横丁の由来が書いた立札があったが文字が薄れて
判読できなかった。
画像

下町の風情そのままの横丁には
老舗や名店がずらり!東京の鯛焼き御三家に数えられる
「人形町 柳屋」や、銀杏がんもがおいしい「豆腐の双葉」、
人形焼きや卵焼きなど、横丁をそぞろ歩けば
江戸の味が堪能できます。
画像

画像

少し歩くと、大正5年(1916年)創業の「高級鯛焼本舗 柳屋」が見えてきます。
20人位の列になっていたが妻は並ぶ、
食いしん坊の妻はこの列は苦にならないらしい
画像

店頭では、鯛焼きを1匹1匹丁寧に焼く様子が見られます。
動きはリズミカルで次から次へ出来上がっていく様は
お見事!!
画像

画像

様子を見ていると木皮に包んでくれるので、
木の香りが鯛焼きに移って何とも良い香りで
美味しそうな感じがする。
画像

玉子焼き店「鳥忠」では、
ガラス張りの店頭で可愛いおばあちゃんが厚焼き玉子を
作りながらポ〜ズをとってくれました。
仕事が何よりの生き甲斐と言う感じで楽しそうで。引退とか隠居の
言葉を知らないような感じで、とても素敵な笑顔でした。
画像

私の仕事も元気ならいつまでも出来る仕事なので
引退など考えずこのおばあちゃんみたいに
仕事を続けたいものだ。

次に覗いたのが豆腐の双葉屋
お豆腐は、天然にがりを使用した手作り豆腐 。
「ごま・ゆず・絹ごし・木綿・焼き」などの他に、竹筒に入った
「竹豆腐」が目をひきます。
迷ったあげく普通の木綿豆腐を購入(笑)
そして、店先のショーウィンドウで圧倒的な存在感を放つのが、
ジャンボ銀杏がんも!!なんと一個650円
銀杏が入っているガンモが気になり購入を決定
どんな味だろう・・・今夜の酒が楽しみだ  
画像

甘酒横町十分に散策し本日の休日は終わり・・・
あとは帰って一杯飲むだけ・・・ 










月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
人形町ですか!正月に七福神巡りで歩きましたが、甘酒横丁はいかなかった(残念)今半の揚げたてコロッケは美味しかった。かみさんに話したら又行こうと!
がんもを買いに
たに
2015/01/28 20:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
人形町玉ひでに行きました。 中年親父のつぶやき、愚痴話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる