中年親父のつぶやき、愚痴話

アクセスカウンタ

zoom RSS 鎌倉江の島七福神めぐり

<<   作成日時 : 2014/06/12 11:25   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

画像

6月9日
本日は定休日。
朝、曇りでいつ降ってもおかしくないない空模様
家にいても何もする事が無い・・・

今の時期、梅雨時期と言えば鎌倉の紫陽花
この時期に一度は見ておきたいと思い、妻を誘うが・・・
妻は学生時代に何度も鎌倉に行ってるから
特に珍しくない・・・ だって・・・ 

渋る妻を何とか説き伏せて池袋から副都心線で
横浜まで行き、乗換して北鎌倉へ

最初に浄智寺
ここは鎌倉、江の島七福神めぐりの一つであった。
七福神めぐりは正月の限定した期間だけと
思っていましたが此処の七福神は
いつでも良いとの事でした。

御朱印用の和紙を買い求め急遽七福神めぐり
を決行。

道程は約13キロの徒歩旅

浄智寺は布袋様が祀られている。
洞窟の中に妙な笑顔をした布袋様が佇んでいます。
案内板には「お腹をさわって」と書かれていて、
私達も御利益を授かりたいとペタペタと触りまくりました(笑)
画像

画像

山門の脇にひっそりと咲く真っ白な紫陽花
そして緑鮮やかな樹木と竹林、
浄智寺は小雨降る散策には最高でした。
画像

画像

画像

浄智寺から歩いて約20分
鶴岡八幡宮は弁天様が祀られています。

橋を渡って弁財天様に会いに行きますが
本堂の周りと違い静かで蓮の葉が池いっぱいに
広がって青々としていました。
画像

画像

宝戎寺は毘沙門天様が祀られています。
北条氏の霊を弔うために建てられたお寺ということで
境内のところどころに北条氏の家紋がありました。
画像

鎌倉の和菓子と言えば「美鈴}
鎌倉で美鈴を知らない人はモグリとか・・・
地図を見ると確かにこの辺だが・・・
近くを何回か往復してみたが見つからない!!

ありました!路地にひっそりとたたずむ風情ある和菓子処が・・・
人通りが少なく、住宅街の中にぽつんとあるではないか。
知らないとまず辿り着けません。

戸を開けるとおばちゃんが一人座っておられ、
予約でないことを伝えると
「今あるだけの物でよろしければどうぞ・・・」

見るからに上品な和菓子を二箱買い求め
ました。
画像

画像

妙隆寺は寿老人が祀られています。
画像

妙隆寺の寿老人は、欅一本造りでつくられた像。
親しげな表情の寿老人で、足元に鹿を携えています。
画像

本覚寺は恵比寿様が祀られています。
恵比寿は七福神の中でただ一人の日本の神様です。
商売繁盛、家運隆盛、縁結び、五穀豊穣の福神様。
立派なお堂の中に居る恵比寿さま
画像

次の長谷寺までの距離は歩いて約40分
ブラブラ歩いていると由比ガ浜大通の中ほどの
道の角に六体の地蔵が赤い頭巾をかぶり、
よだれかけを首にかけて並んでいて、印象に残る
地蔵さんだった。
画像

画像

背後に建つ碑文を読むと…。
この地は鎌倉時代には、刑場だったのです
死刑になった者の霊を慰める為に
六地蔵を祀ったとされます。

途中雑貨屋があり店先に編み笠が吊るしてある。
よく、お遍路が被っているような笠が・・・

ず〜っと前から欲しかった
やっと見つかった!迷わずに購入
鏡を見て、我ながらよく似合う!!自己満足(笑)
でも・・・ よく見ると普通のステッキでは
似合わない!!
やっぱり杖は金剛杖じゃないと・・・

早速、笠を被って長谷寺へ・・・
長谷寺は大黒天様は祀られています。
前回訪れた時は坂東札所めぐりだったので
見学はせず御朱印だけ押してもらいました。

相変わらず観光客がいっぱいですごい!
景観がすばらしく由比ヶ浜一望
それに一面紫陽花が咲乱れていて
誰もが写真を撮っていた。

私達はまだ先が長いので長谷寺を早々
に後にした。

次ぎの寺は御霊神社
福禄寿様が祀られています。
人生の三大目的とする福(幸福)・禄(身分)・寿(寿命)の
全てを兼ね備えたのが福禄寿
名前が人生の三大目的、そのままだ!!

境内と鳥居の間に踏切があり
あの江ノ電が通り抜けるのが、のどかな鎌倉らしく
またこの梅雨時期の紫陽花が線路沿いに
咲き乱れて江ノ電とマッチしていて
若い女性たちがシャッターチャンスを
待っていた。
画像

画像

いよいよ最後の七福神
江の島神社へ 
その途中、紫陽花で超有名な成就院に
立ち寄る。
すごい!!長蛇の列参道の両側は紫陽花で埋め尽くし
その向こうに由比ヶ浜が・・・
画像

画像

参道のあじさいの数は般若心経の文字数と
同じ262株、道石段は煩悩の数である108段です
と書いてあった。
画像

成就院の紫陽花と景観を十分堪能して
江の島に向かう。

海岸沿いを歩くがやたら長い!!
江の島が見えるのに!!
画像

やっと江の島大橋に・・・
ここも若い女性たちいっぱいでした。

外国人、それに東南アジアの観光客が多く、
やたらと声がでかいのがアジア人!!
画像

アジア人と違い、西洋人のおとなしい視線を感じる
なにを勘違いしたのか私を指差し 
「和尚さん、お坊さん」
私は愛想よく会釈をしてすれ違った(笑)
画像

江の島神社には弁財天が祀られています。
山の上にあるため、のぼりの階段がかなりキツイです。
画像

お年寄りのためにエスカレーターがあるが何と!有料
片道か往復かは定かではないが750円でした。

ゼ〜ゼ〜喘ぎながら登ると茅の輪なるものを
潜り抜ける。
画像

画像

茅の輪を潜って浄化をし「心」を清め参拝して
本日の鎌倉江の島七福神めぐりは終了。

小雨降る鎌倉の紫陽花も風情があり
乙なものでした。

               2014年6月










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ご苦労様でした。梅雨時の鎌倉は風情がありますよね!
この時期でも七福神巡りあるんですね、かみさんに話したら羨ましがっていて今度付き合うようになりました(黙っていればよかった)これからの季節は厳しいものがあるので初秋がいいと考えています。
6/8夫婦で柴又帝釈天に行き寅さん像の左足に触ると運気が上がると言われたので思う存分に触りまくりました(笑)
たに
2014/06/13 10:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
鎌倉江の島七福神めぐり 中年親父のつぶやき、愚痴話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる