中年親父のつぶやき、愚痴話

アクセスカウンタ

zoom RSS 山の手線一周徒歩の旅

<<   作成日時 : 2014/04/02 18:06   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

東京の中心部を走る山の手線全29駅を
3回に分けて歩いてみました。
一回目は池袋から恵比寿まで
二回目は池袋から秋葉原まで歩きました

そして今回は恵比寿から秋葉原駅までの道程
画像

恵比寿駅の看板、恵比寿様が福よかな顔で鎮座しています。
画像

体形は似ているが・・・
残念ながら恵比寿様とは縁がありません・・・・・ 
そして恵比寿と言えば私の頭の中にはビール しか
思い浮かばない。
横目にエビスガーデンを見ながら歩き出すが
まだ午前9時頃だったので人も少なく
歩いている人といえばビシッときまったスーツ姿の人達で
皆、急ぎ足で高層ビルに吸い込まれて行く。
画像

リュックとウオォーキングシューズ姿は場違いな感じで
とても恥ずかしかった (-_-;)

早足で山手線の外側に出て、目黒駅を目指します。
緩やかな坂道を歩いている途中に真っ赤な大きい球体が・・・
とにかく目立つ、目立ち過ぎインパクトが強過ぎる。
画像

画像

電車を見ながら線路沿いを歩く。
所々道が狭くなり、歩いて人々も私達を同じような
恰好で散策を楽しんでいました。
画像

目黒駅に到着。
画像

駅前は近代的な高層ビルが目に入る。
画像

私達は山手線の内側、花房山通りを下って
五反田駅に向かいました。
画像

途中、街道の脇に2、3本の満開の桜が見事でした。
頭上を見上げ春爛漫を満喫し思わず 
「春はいいな〜 桜はいいな〜」
画像

画像

五反田駅はもうすぐだが、天皇陛下皇后様の御実家跡が
ねむの木の庭として公園になったと聞いていたので
見ることにしました。
閑静な住宅が並ぶ高台にあり公園には
花が咲き乱れていました。
画像

この公園の由来が記載されています。
画像

             画像はダブルクイックすると拡大します。


ねむの木や白樺など、皇后様ゆかりの樹木や
お歌の中で詠まれた草花・樹木が植えてあり
草花には皇后様の詠まれた歌が
ひとつひとつ紹介されています。
その一部を記載します。
画像

画像

素晴しい、たくさんの詩があり又、その蓋を開くと詩に書かれている
草花の解説と写真があり、とても分かり易かった。

ねむの木の庭公園を後にして五反田駅に向かう途中に
これまた素晴らしい満開の桜あり見惚れてしまった。
画像

そこは品川百景の一つで五反田公園の桜並木でした。

五反田駅に到着
オフィス街や繁華街として栄えている印象があります。
五反田駅と言えば私がどうしても思い出すのが
西島三重子が作詞、作曲、歌ってヒットした池上線
詩、メロディーが良く私の大好きな歌です。
思わず  鼻歌してました(笑)
画像

駅から大崎駅までの道のりは目黒川沿いの桜並木を
眺めながらのんびり歩く。
画像

時々遊覧船が目黒川を滑って通り去ってゆく。
船から見る桜は別格の花見であろう
なんと贅沢な・・・
画像

画像

大崎駅に到着
画像

大崎駅の広場には何を表現しているのか分からないが
オレンジの棒状が立っている
画像

何んかは知らないが何となく神秘的な芸術作品なので
記念に一枚撮りました。
画像

大崎駅を後に品川駅に向かう。
途中に品川神社あり、道路沿いに縁起の良い
大黒天が道行く人々を穏和な顔で見つめている。
御利益が有りそうなので妻を立たせて  パチリ 
画像

この辺りは旧東海道なのか分からないが東海道品川宿の
歩きマップ案内版があり、数人のハイカーが
覗き込んでいた。
彼らは東海道最終地点の京都三条大橋を
目指すのだろうか?

品川駅、田町駅と歩き、高層ビルの合い間から馴染みの
建造物、東京タワーが見える。
画像

画像

そして浜松町駅へ
歩き始めて約5時間強を要した、
品川で道に迷い、遠回りしたのでかなり時間をかけ過ぎた。
画像

疲れた所為か足が重くなり無口になり
ようやく新橋駅に到着。
画像

新橋駅から有楽町駅までは山の手線ガード下を歩く。
ガード下の飲食店がレトロな昭和の
雰囲気を漂って何か懐かしい
特に感じたのが「ロマン劇場」
十代後半から二十歳代前半にいちばん興味が
あった時代に見たかったが・・・ 
どうしても勇気がなくて入れなかった(笑)
画像

ヨダレを垂らしながら、看板を立ち止まって
ジィ〜っと見てたら妻に怒られた 
画像

私は、この雰囲気と活気の所為か元気を取り戻した
画像

画像

有楽町駅もガード下の雰囲気は同じだが
それ以外は北は丸の内、東は銀座と日本の
経済、ファッションの中心で、ガード下を闊歩するようには
歩けない雰囲気である
まして本日のような恰好では尚更感じる。
画像

画像

東京駅はなんと言っても赤レンガがインパクトがあります。
春休みの所為か、はとバスの停留所が子供連れの
家族でいっぱいでした。
画像

画像

そして神田駅、最終地点の秋葉原駅へ
山手線の外側を線路に沿って進んでいきます。
秋葉原の手前に神田川が流れていますが神田川と言えば
あのフォークソングを思い出します。

当時、この歌と、やはり かぐや姫が歌った
神田川・赤ちょうちん の歌詞で同棲が流行り、
仲の良かった同じ歳の友人が同棲した事を自慢してたが・・・

その頃の私は寮生活で親方が厳しく男女交際は御法度
でした・・・が・・・
一度も女の人と付き合ったことがなかった(簡単に言えばモテなかった  )
以前の問題でした(笑)

彼はそのまま結婚したのか・・・
それとも別れたのか・・・
あれから一度もあっていない
風の便りもない・・・
噂も聞かない・・・
もう40年も月日が経ってしまった。
一度、彼とその後の事をお互いに飲みながら
語りあってみたいものだ。

神田川を渡りながら若かった当時の
青春時代を思い出した。

渡った先がすぐ秋葉原の駅
画像

本日の山手線徒歩の旅
恵比寿駅から秋葉原駅までの約7時間の徒歩旅は終了

                     2014年3月31日








































テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ご苦労様です。わたしは、4/6中板橋から王子まで石神井川沿いを花見ハイキングしました。
帝京病院から金沢橋の間はきれいでした
たに
2014/04/10 10:05
本日、谷さんより山手線1周の話を聞きました。
わたしも、7年ぐらい前、11時間かけて1周したことが
あります。
いどきち
2014/04/29 15:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
山の手線一周徒歩の旅 中年親父のつぶやき、愚痴話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる